メニュー

【Q&A】適応障害の診断基準は?【心療内科・精神科】

A. 適応障害という病気自体は、発症までの経緯、症状、問診内容などをみて総合的に診断するものになります。

 

また世界的に用いられている、DSM-Vという診断基準は下記のようになります。

 
 A. はっきりと確認できるストレス因子に反応して、そのストレス因子の始まりから3ヶ月以内に情緒面または行動面の症状が出現
 B. これらの症状や行動は臨床的に意味のあるもので、それは以下のうち1つまたは両方の証拠がある。
 (1) そのストレス因子に暴露されたときに予想されるものをはるかに超えた苦痛 (2) 社会的または職業的(学業上の)機能の著しい障害
 C. ストレス関連性障害は他の精神疾患の基準を満たしていないこと。すでに精神疾患を患っている場合には、それが悪化した状態ではない。
 D. 症状は、死別反応を示すものではない
 E. そのストレス因子(またはその結果)がひとたび終結すると、症状がその後さらに6ヶ月以上持続することはない
 
 

 

 

 

記載:おりたメンタルクリニック医師

 


 

 

 

 

 

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME