メニュー

ADHDについて

 

pixta_15865361_S

ADHD:注意欠如多動性障害

 

ADHDは不注意、多動や衝動性といった症状が主な、発達障害の一つです。

発達障害は子供の頃に診断されることが多いのですが、

近年は成人になってからADHDと診断されるケースも増えてきております。

元々不注意、ケアレスミスが多かったとしても学生時代はそこまで大きな問題にならなかったものの、

会社勤務などを始めると仕事のミスに繋がり問題が表面化してしまうことが多いようです。

ADHDが社会的に周知されるようになり、「自分もそうなのではないか?」と心配になって受診される患者さんも多くいらっしゃいます。

 

治療により症状が改善されることも多いですので、一度ご相談ください。

 

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME