メニュー

リワークプログラム(心療内科・精神科)

当院が運営するリワークセンターキズナでは、休職している方を、復職に向けてサポート致します。

※リワークセンターキズナのホームページはコチラになりますので、ご参照ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おりたメンタルクリニックは東京都中央区の心療内科・精神科クリニックです。休職・復職のご相談など、お仕事絡みのご相談をお受けすることが非常に多いクリニックとなっております。そのため患者様からの要望が多く、リワークプログラムも行っております。

 

当院リワークの理念

・自分らしく生きる

 自分を知ること、自分に関心を持つこと、自らの価値観、直感に従うこと、他者を鏡に向き合い、常識の壁、他者の価値観の壁を肯定し、自分にレッテルをつけて先に進めなくなること、限界をつくることをやめることができれば、自分で生きる方向を取ることができる。

・環境に適応するための力をつける

 生活するなかで移りゆく環境変化に適応してくため、自己理解を深め、他者の交流を経て、成長する。新しい知識や能力を身に着け、環境に適応するための力を向上させていく。

・自分と社会を繋ぐためのセーフティーネットを提供する

 一人ではないということ。他の利用者との交流やスタッフとの振り返りを通じ、社会と繋がり、生活の質を向上させていく。定期的な通所で生活リズムを改善し、社会とのつながりを維持、向上させていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リワークプログラムとは?

 リワークとはReturn to workの略語です。うつ病、抑うつ状態、適応障害などが原因で現在休職されている方を対象とした職場復帰、職場定着の支援を目的とするリハビリテーションプログラムのことです。

 

当院のリワークの特徴

休職・復職相談を行っているクリニックのリワークプログラム

休職→リワーク→復職→復帰後のフォローまで一貫して行える

診察・治療・各種診断書作成・会社面談など、当院一箇所で完結する

医師・看護師・精神保健福祉士・作業療法士が復職までサポート

少人数制で、きめ細かい対応を受けられる

都内はもちろん、近郊からのアクセスが良好

 

対象は?

 ☆「うつ」「抑うつ」「適応障害」などの診断を受け、現在休職中の方。

 ☆通院する医療機関の主治医から参加の了解を得ている方。

 ☆継続した通所が可能な方。

 ☆当施設の理念、利用規約(下記)に同意していただける方。

 ☆その他、当院医師が利用可能と判断した方。

 

どんなことをする??

 ☆定期的に通うことで生活リズムを整える

 ☆自身の疾病について・性格や考え方の特徴を理解する

 ☆他の利用者やスタッフとの関わり、プログラムを継続して行うことにより、再発の予防と職場復帰を目指す

 休職中、一人で規則正しく過ごすことは意外と難しいものです。リワークプログラムを使うことで、スムーズに復帰・復職に繋げられます。気になる点があればスタッフまでご相談ください。

 

どんなプログラム?

 集中力・持続力・注意力・コミュニケーション能力など、復職、回復に必要な能力を身につけるためのトレーニングを行うプログラムです。継続的に参加することにより体力をつけ、徐々に仕事のような環境に適応するための訓練を行っていきます。座学だけではなく、実際にコミュニケーションを取ることでより実践的な能力を身に着けていきます。

 例:運動、疾病心理教育、認知行動療法、グループワーク、SST(Social Skills Training)ストレスマネジメント など

 

職場復帰に向けて

療養中の一番の目標は、「職場に復帰して、健康に仕事を続けていくこと」になるかと思います。仕事をするというのはとても大変なことで、「朝起きて、仕事にいって、家に帰ってくる」という単調で単純だと思われがちなこの習慣を作るというのが一番難しいです。

そして、会社によって求められる状態が異なるということを認識する必要があります。

・どのような仕事内容で

・週に何回勤務をして

・どこで評価を受け、ステップアップしていけるのか

会社によって異なるため、会社側とのすり合わせが必要です。患者さんそれぞれの会社の条件や確認事項をしっかり確認し、目標を設定することが職場復帰の第一段階です。そこから、自身に何が必要か考えていきましょう。

 

 

料金はどれくらい??

各種健康保険及び自立支援医療が適用されます。

 自立支援医療1割負担  800円程度/日 (健康保険3割負担    2400円程度/日)

※自立支援医療の利用で上限金額が設けられるため、1ヶ月あたりの費用負担はそこまで多くはありません。

 

自立支援医療について

精神科の通院における医療費の負担軽減を目的とした制度です。医療費(通院の費用・薬剤の費用・訪問看護やデイケアの利用代金など)が全て1割となり、上限金額が設けられるため、所得収入に合わせた費用の設定があるため、安く安心して医療をうけることができます。当院リワークデイケアを利用される方は、自立支援医療診断書は代金を頂かず当院で作成可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q&A

Q. 他のクリニックや病院に通院していても利用は可能ですか?

A. 可能です。主治医から施設利用の指示がでているか確認させていただく場合がございます。

Q. 離職をしている場合は対象になりますか?

A. 離職をされている場合には対象に含まれません。リワークは復職という部分に特化している施設だからです。ご連絡いただく際には然るべき相談窓口をご紹介致します。

Q. 会社の方の面談や家族との面談も対応していただけますか?

A. 対応致します。職場復帰とともに職場定着を目標にしているため、承諾いただいた範囲で情報共有を行い、働きやすい環境づくりに努めていきます。

Q. 自立支援医療の診断書は書いてもらえますか?

A. はい、当院で作成可能です。当院リワークプログラム参加の方は、診断書料金頂かずに作成可能ですのでご相談ください。

Q. 休職について詳しく知りたいのですが?

A. 当院ホームページの"休職について"をご参照ください。

Q. ○○会社の人事部ですが、当社の休職者が利用することはできますか?

A. 可能です。ただし利用には患者さんご本人の同意が必要です。休職中の社員の方のご利用についても、お気軽にご相談ください。

 

当院リワークプログラム利用規則・規約

・無理をせず体調に合わせて参加しましょう。体調が優れない時はスタッフにご相談ください。遅刻・欠席をする場合はご連絡をお願いします。

・リワーク内で知り得た個人に関わる情報をリワークの外で話すことや、SNSへの書き込み・写真を掲載する等の行為はやめましょう。

・リワークはリハビリを行う場所です。個人間の連絡先の交換はトラブルの元となる可能性があるためご遠慮ください。

・暴力・暴言、金銭や物品等の貸し借り、宗教活動、セールス行為、酒気を帯びての参加等、他のメンバーの迷惑となる行為は禁止しております。

・トラブル防止のため、高額な現金・貴重品の持ち込みはご遠慮ください。

・安全な参加をするため、原則的に主治医・スタッフの指示に従いましょう。

・リワーク利用中はプログラムに集中していただくため、耳栓・イヤホンの使用はできません。ご了承ください。

・積極的にプログラムに参加して、他のメンバーとも交流を図っていきましょう。

 

その他

休職・復職・傷病手当金申請などについてはコチラをご参照ください。

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME