メニュー

オンライン診療 (心療内科・精神科)

当院は東京都中央区の心療内科・精神科クリニックです。

当院の患者様は、再診で"対面診療"、"オンライン診療"どちらもご利用いただけます。

※当院ではオンライン診療の初診は受けておりません。当院の患者様のみの診療となります。

 

 

 

当院の診察券がない方、遠方の方は・・・

※"休職相談"かつ"初診からオンライン診療をご希望"の方は【メンタルヘルス科】をご案内しております。

 

 

 


当院のオンライン診療について

【目次】


 

オンライン診療とは?

オンライン診療ではご自宅に居ながら、電話などで診察を受けることが出来ます。

すでにたくさんの方にご利用いただいておりますが「待ち時間がなくて助かる」「わざわざクリニックに行かなくていいのが嬉しい」など、非常に好評です。

お薬は当ビル1Fの薬局・メトロファーマシー小伝馬町店から、ご自宅に発送が可能です(その場合、薬局から診察後に服薬指導の電話があります)。また処方箋をご希望の薬局にFAXし、お近くの薬局で受け取ることも可能です。ご希望の方はご予約の上、ご利用ください。

スタッフとのやり取りにおいて、診療においての信頼関係構築が困難と判断した患者様につきましては、オンライン診療をお断りする場合がございます。

オンライン診療は月・火・木・金曜日の午前中のみ予約可能です。午後は直接来院の患者様の対応のみになっておりますので、ご了承ください。

 

目次に戻る

 


 

オンライン診療の負担金額

患者さんの標準ご負担金額

 処方箋なしの場合 2660円

 処方箋ありの場合 2860円

※診断書や傷病手当金申請書がある場合には、別途これまで通り加算されます。 

同月2回目以降は上記に自費1500円加算されます。

目次に戻る

 


 

 

おりたメンタルクリニックのオンライン診療のメリット

1.自宅で診察を受けられます。

2.診断書は郵送、ご自宅で受け取れます。傷病手当金申請書の記載も可能です。

3.お薬については、直接ご自宅へ配送か、ご希望の薬局へ処方箋FAX、ご自宅に処方箋郵送などの方法が選べます。

4.オンライン診療アプリのダウンロード不要

5.クレジットカードで簡単決済(予約サイトでのカード登録が必須です。)

目次に戻る

 


 

 

おりたメンタルクリニックのオンライン診療の注意点

1.再診の方のみが対象となります。

2.オンライン再診は午前の診療時間に限らせていただきます。

3. 海外在住、駐在中の方はお受けできません。

4. 可能な限りご予約通りの時間に電話再診可能なように心がけておりますが、診察の混み具合などで30分ほど前後することがございます。お時間に余裕をもってご予約ください。

5. 患者さんで処方受け取り薬局をご指定される場合は、薬局に対応可能かどうか確認した上で、問診票に"薬局名"、"FAX番号"をご記載下さい

6.オンライン診療の場合は、毎回保険証のアップロードが必要です。診察時間までに保険証アップロードない場合は、診察を自動的にキャンセルさせていただきます。こちらから確認の連絡などは致しませんので、くれぐれもご注意ください。

7.クレジットカードでの決済できない場合、診断書郵送や処方箋発行などの対応ができませんのでご注意ください。

 

目次に戻る

 


 

 

再診の方のオンライン診療の流れ

ご予約前に【オンライン診療ご案内動画】をご覧ください。

1. 当院予約サイトからご予約ください。予約サイトのマイページより、予めクレジットカードの登録をお願い致します。

 ※クレジットカード登録がない場合、オンライン診療が受けられませんのでご注意ください。

 

 

2. ご予約後、ウェブ問診の記入をお願いいたします。問診(※再診用問診票)の最後に、お手持ちの保険証の画像をアップロードしてください。

 ※オンライン診療の場合は、毎回保険証のアップロードが必要です。

 ※診察までに保険証のアップロードがない場合には、診察をキャンセルさせていただきますのでよろしくお願いいたします。

 ※こちらから確認の連絡などは致しませんので、くれぐれもご注意ください。

 

 

3.当日、予約時間になったら当院より電話をおかけします。

 ※当日の診察の混み具合により、30分程度前後する可能性がございます。

 

 

4.オンライン診療後、診断書がある場合には郵送いたします。ご自宅でお受取りください。

 ※診断書などの書類はデータでのやり取りはできませんのでご了承ください。

 

 

5.診察後、登録いただいたクレジットカードから診察代金が引き落とされます。

 

 

 

 

 

※診察後、領収書および明細書を郵送いたします。再発行の場合には別途料金がかかりますので、医療費控除で利用する場合などは無くさないよう大切に保管ください。

※休職・復職についての診断書も発行可能です。また傷病手当金申請書の記載も可能です。

診断書発行の場合は診断書代3500円と郵送代(レターパック代)370円が追加でかかります。

目次に戻る

 


 

Q&A

・料金はいくら位でしょうか??

 患者さんのご負担金額は、処方箋なしの場合2660円、処方箋ありの場合2860円になります。診断書や傷病手当金申請書がある場合には、別途加算されます。(令和3年5月1日から負担金額が変更となっております)

・お会計はどうすればいい??

 web予約システムのマイページからクレジットカードを登録していただき、そちらのカードから診察代を引き落とさせていただきます。

・対面診療も受けたいのですが可能ですか??

 もちろんです。オンライン診療と実際にご来院頂いての対面診療を、ご都合により使い分けて頂くことも可能です。

・オンライン診療で診断書もらえる??

 はい、もちろんです。休職相談などで当院オンライン診療をたくさんの方にご利用頂いています。診断書はレターパックにてご自宅に郵送致します。ただし、診断書のデータでのやり取りは行っておりませんので、よろしくお願いいたします。

・オンライン診療で休職になった場合、傷病手当金申請書などの書類のやり取りは??

 当院とご自宅と郵送でやり取り可能です。お受け取りのためにわざわざ来院される必要はありませんので、ご安心ください。オンライン診療での診断書は郵送のみの対応になります。当日中にデータ等で診断書発行は出来ませんのでご了承ください。当日の発行をご希望の方は、対面での診療をお願いいたします。

・傷病手当金申請書を送った場合、いつ返送される?

 郵送の場合は申請期間の締日から1週間以内の発送となります。到着日の指定などは出来ませんのでご了承下さい。

 どうしても指定の日に必要な場合にはご連絡いただき、診療時間内に当院までお受取りに来ていただきますようお願い致します。

 また、到着日などの問い合わせには応じられませんので、追跡可能なレターパック等を活用ください。

・診断書を後日発行して欲しいときは??

 診断書の発行には当日の診察が必要です。診察無しでの発行は出来ませんので予めご了承ください。

・オンライン診療できちんと診断できる??

 当院は直接ご来院頂く際と全く同じweb問診システムを用いて、ネットでの診療でも予め問診を患者様に入れていただいております。

 そのため、電話などのオンライン診療でもしっかりと症状を把握して、診療を行うことが可能です。特に心療内科・精神科はオンライン診療との相性が良く、休職相談などは最もオンライン診療の使い勝手が良いと思います。

・お薬の調整はしてもらえる??

 一度当院受診されて対面診察を行われた方であれば、同じお薬の処方だけではなく、お薬の種類や量を調整することは可能です。症状を電話でお聞かせ下さい。

・初診からオンライン診療を受けたいのですが??

 遠方にお住まいなどで当院通院が困難な方は、休職相談に限り【メンタルヘルス科】をご案内しております。

 処方が出来ない点、診察代が異なる点にご注意ください。

 

 

その他についてはQ&Aもご参照ください。

 

目次に戻る

 

 

 


参考資料

 

コラム1:心療内科オンライン診療を受診する時の注意点

心療内科オンライン診療を受診する時の注意点を挙げていきます。

実際に心療内科のオンライン診察を受けようとしても、条件によっては受けられない場合もありますので、以下の注意点をしっかりと把握しておくことが大切になります。

 

初診のオンライン診療は「かかりつけの医師」が原則

「かかりつけの医師」とは、日頃より直接の対面による診療を重ねており、直接的に診てもらったことが既にある医師のことを示します。

原則として初診、つまり初めてオンライン診療を受ける際は、この「かかりつけの医師」を受診しなければなりません。

ただし、「かかりつけの医師」がもともといない場合や、「かかりつけの医師」がオンライン診療を行っていなかったり対応できない場合、症状を捉えるのに十分な今までの医療の情報を把握できる場合(今までの病気や服薬、アレルギーなど)は、初診からの診療を行うことができます。

 

オンライン診療が困難な症状もある

安全にオンライン診療を行うために、「オンライン診療の初診に適さない症状」というものが作成されています。

これを踏まえて、医師からオンライン診療が適さないと判断された場合には、対面での診療を行うことが決められています。

また、緊急性が高い症状の場合は、速やかに対面での受診を促されることがあります。

 

オンライン診療では初診から安全に処方できない医薬品もある

オンライン診療は、診察する手段が限られているため、診断や治療をするのに必要な情報を初診から得られない場合もあります。

そのため、初診から安全に処方できない薬もあることを知っておく必要があります。

オンライン診療の初診での投与について十分な検討が必要な薬剤」というガイドラインが作成されています。

また、初診では、麻薬および向精神薬の処方は行わないことが決められています。

 

保険適用外の診察もある

オンライン診療には、保険適応の場合と自費の場合があります。

オンライン診療のうち、保険適応で診察が受けられる病気は限られています。

自費で受けられるオンライン診療を行っている医療機関もありますので、事前に予約する際に、ホームページで確認するか、直接電話で確認しておくことが必要となります。

目次に戻る

 


 

コラム2:一般的な心療内科でのオンライン診療の受け方

当院以外での心療内科のオンライン診療を受ける手順

ここでは、実際に心療内科(当院以外)のオンライン診療を受ける手順を説明いたします。

外来受診では、事前に予約し、当日病院で診察券を渡し、スタッフに案内されて受診、必要な処方をされるという流れですが、オンライン診療の場合、手順や手続きが異なります。

手続き的な面から一言で違いを説明すると、「オンライン診療は直接足を運ばない分、外来受診と比べて自ら行う手配が多い」と言え、前述した主体性が大切だと言えます。

オンライン診療を受診するにあたり、高額な機器を新たに購入する必要等はないので、安心して下さい。

※以下、「厚生労働省:電話・オンラインによる診療がますます便利になります」参照

 

1、診療内容を確認する

まず初めに、どこの病院を受診するのかを決めます。

受診しようと決めた医療機関のホームページ等を確認して下さい。

対応医療機関リスト」にて、オンライン診療に対応している医療機関を都道府県別にリスト化されているため、こちらから自身の都道府県における対応医療機関を確認しましょう。

また、電話で直接医療機関の窓口に問い合わせ、オンライン診療を行っているかどうかを確認するのも良いでしょう。

まずは普段からかかっている医療機関、最寄りの医療機関を選ぶことが必要です。

なぜなら、医師の判断によっては、すぐに医療機関の対面診療をしなければならない必要があるため、できるだけ最寄りの医療機関を選ぶことが勧められています。

 

2、事前の予約をする

電話予約をする場合は、医療機関に電話して、保険証などの情報を伝えて予約します。

オンライン診療の場合は、医療機関によって予約の方法が違うため、ホームページで確認をしておくことが必要となります。

また、支払い方法についても、この時点で確認しておく必要があります。

 

3、診療してもらう

実際に診療が始まる時には、医療機関側から着信がある場合と、オンラインで接続される場合があります。

そして、実際に診療が始まるわけですが、まず最初に本人確認から始まります。

個人情報を伝え、その後、症状を説明するという流れになります。

後に受診時の注意点でもご説明しますが、場合によってはオンラインでの診療や処方が難しい場合もあります。

 

4、診療後の対応をする

診療後、医療機関への対面受診を勧められた場合、必ず医療機関を受診して下さい。

薬の処方を受け、薬の配送を希望する場合は、薬を出してもらう最寄りの薬局を医療機関に伝えて、診察後に薬局に連絡する必要があります。

電話やオンラインで服薬の指導を受けて、その後、薬が配送される流れになります。

ただし、状況によっては配送が難しく、薬局に出向いて服薬指導を受ける場合もあります。

 

以上になります。

 

 

こちらのコラムは、当院以外でのオンライン診療の受診の際に参考になれば幸いです。

目次に戻る

 

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME