メニュー

人事担当者の方へ

おりたメンタルクリニックは休職から、復職までサポートするクリニックです。会社から社員に対して、当院の受診を促されるケースも多々あります。

こちらのページは、会社・組織の人事総務部の方向けとなっております。組織の中での休職者の対応など、ご参照ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休職者を抱える人事担当者の、対応のポイント

"休職者がなかなか復職できず困っている"、"具体的な復帰に向けてのプロセスがない"、"主治医との連携が取れず困っている"など、休職者を抱える立場として困る点は多くあるかと思います。

会社に産業医がいない場合など、対応をどのようにすればいいのか、相談できず苦労していらっしゃる方も多いのではないでしょうか。状況報告のみでは休職者がどのような状態なのか、具体的に把握することすら困難かと思います。

 

休職者に対する接し方

連絡は必要最低限とする

会社によって、規則があるかと思いますが、

主治医の判断を確認する

休職延長・復職など、最初の判断は主治医になります。主治医の診断や意見を確認するようにしましょう。

ストレスになるようなことを言わない

当然ですが、復帰を急かしたり、責めたりするようなことは言わないようお願い致します。

会社の規定は分かりやすく伝える

休職が可能な期間など、就業規則で定められている部分は、明確にお伝え下さい。それを参考に休職者と主治医が休職期間を相談致します。

 

休職中の過ごし方の指導

休職が長くなってくると、無為に自宅で過ごすことが休職を長引かせる要因になるケースもあります。

当院のリワーク、リワークセンターキズナでは、短期〜3ヶ月程度のリワークプログラムを組んでおり、復職に向けた訓練を行っております。会社独自での復職プログラムの実施が困難な場合には、当院リワークをご利用下さい。

既に他院に通院中の患者様も、通院先・主治医を変えずにリワークプログラムを利用していただくことも可能です。

休職可能期間など会社によって制限がある場合もあるかと思いますので、リワークセンターキズナではリワーク期間もフレキシブルに対応可能です。短期間の利用についてもご相談下さい。

またリワークに限らず、通常の診察も受け付けております。人事的にお困りの場合は当院または当院リワークまでご相談下さい。

※受診やリワーク利用については、患者さん本人の同意があることが前提となります。リワークについては、下記ページもご参照下さい。

 ・リワークプログラムとは

 ・リワークセンターキズナHP

 

当院リワークご利用までの流れ

1. 患者様より、電話で当院初診のご予約をお取り頂きます。

その際にリワークご利用の旨お伝え頂くと、スムーズにご案内が可能です。

2. 予約日時に当院でお待ちしております。

通常の診察の後、リワーク担当者から説明を行います。

3. 自立支援医療(精神通院)意見書を、主治医が作成します。

健康保険1割負担でリワーク利用頂ける制度になります。

4. 意見書を役所に提出頂き、申請が終わればリワーク利用が可能になります。

5. リワーク担当者と利用開始日・利用する曜日を決めて頂き、プログラム参加開始となります。

 

 

通常の診察の流れ

"初診の患者様へ"をご参照下さい

 

 

 

 

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME